大学案内の資料を請求から

またいくつか自分が気になっている大学の大学案内の資料を請求してみるのもいいでしょう。

これは大学ごとに簡単に申し込みができるので、本を買うよりもお金もかかりません。

一括で請求できるサイトなどで数校申し込むと図書カードがもらえるなどの特典がある場合もあります。

ただ近年各大学のHPでデジタル資料もありますので、資料請求をして数日待っているのが嫌な方はデジタル資料を見るのが早くていいでしょう。

しかしではなぜデジタル化されているのに資料請求があるのか?

資料請求には様々なメリットがあります。

それをご紹介していきます。

 

・インターネットで掲載されている情報よりも豊富な情報

やはり大学側は誰でも簡単に見ることのできるインターネットでの情報よりも、その大学のことが知りたくて資料請求してくる人を優遇されています。

それは資料請求して届くパンフレットにはインターネット上では掲載されていない情報がたくさん載っています。

そのために本気でその大学を受験しようと思っているのなら簡単にインターネットの情報を見るのではなく、きちんと大学へ資料請求してください。

あなたの知りたい情報以外にも、知らなかった情報が載っていることもあるでしょう。

・やる気になる大学案内パンフレット

インターネットだとつい大学情報を見ようと思ってつけたパソコンの誘惑に負けてしまったということもあると思います。

しかもいちいちパソコンを開けなくては見られないとなると、後回しにしがちになります。

しかしパンフレットとして手元にあると、勉強をしながら目に入ります。

そうすることで、その大学へ行きたいという気持ちを増幅させることにもなりますし、勉強のモチベーションもあがるのではないでしょうか。

ちょっと勉強に疲れた時にパンフレットを手に取って眺めてみてください。

少しはやる気もでてくるかもしれません。

 

そういった意味でもすぐに目につくところに、手の届くところに置いておけるパンフレットは効果的だと思います。

慶応進学会フロンティア